【お盆休み】
8/11?8/16夏季休業とさせて頂きます。ご不便おかけしますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

【研修のため】
2023/05/30
研修のため 診療は18時までとなります。

【新機材導入しました】
2021/12/01
ジェントルマックスプロ 導入しました。
ひげ脱毛・レーザーフェイシャルが可能となりました。

【夏季休診のお知らせ】
2022/8/10 19:06
当クリニックでは2022/08/11から8/17まで夏季休診となります。
ご不便おかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

【インフルエンザワクチン】
2022/11/01
インフルエンザワクチン予約不要です。

【インフルエンザワクチン】
2021/11/2 15:55
現在 接種可能です。
予約は不要です。直接お越しください。

【年末年始の休診につきまして】
2020/12/19 10:50
2020年12月27日(日)〜2021年1月7日(木)
休診させていただきます。

【年末年始休診のお知らせ】
2020/12/19 10:50
2020年12月27日(日)〜2021年1月7日(木)
休診させていただきます。

【インフルエンザワクチン】
2020/12/5 13:54
現在 接種可能です。
予約は不要です。直接お越しください。

【お詫び】
2020/11/2 12:43
現在 一時的な通信障害のため電話が不通となっております。 診療は行っております。  御迷惑をおかけします。

【ウェブ受付再開のお知らせ】
2020/6/24 09:36
ウェブ受付再開しました。 発熱の方はお手数ですが、お電話ください。

【診療時間のお知らせ】
2020/6/24 09:31
現在の診療時間は 午前 10:00〜12:30 月〜土曜日 午後 16:00〜19:00 月・火・木・金 となっております。

【外来受診をご希望の皆さまへお願い】
2020/3/24 13:04
新型コロナウイルス対策として、37.5℃以上の発熱・せき・くしゃみのある方は、大変お手数ですが、外来受診前にお電話にてご相談ください。 TEL:06-6486-9292

【新型コロナウイルス感染症の対応】
2020/3/24 09:00
厚生労働省はどのような症状の時に相談や受診すべきかの新たな目安を公表しました。それによりますと下記に該当する人は、まず、全国自治体が開設する『帰国者・接触者相談センター』に相談するよう勧めています。 一般の人(年齢を問わず) ・かぜ症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続く人 ・強いだるさや息苦しさがある人 高齢者、糖尿病・心不全・呼吸器疾患患者、透析患者、免疫抑制剤や抗がん剤治療患者や妊婦さん ・上記症状が2日以上続く場合  ※大阪府 帰国者・接触者相談センター 06-6944-8197 (午前9時から午後6時:土日祝日も対応)  ※大阪市 帰国者・接触者相談センター06-6647-0641 (午前9時から午後5時30分:祝日を除く月から金)   また発熱などかぜの症状がみられる場合は、まず、学校や会社を休むこと、外出を控えること、毎日体温を測定し記録することなどを呼びかけています。  なお感染予防としては、インフルエンザと同様にこまめな手洗い・うがいが推奨されます。また拡散予防として咳・くしゃみエチケット(マスクの着用など)に御協力をお願いします。 2020/3/24 09:00
京堀町えのもとクリニック 紹介 京堀町えのもとクリニック 美容 京堀町えのもとクリニック 検診

初めてのお客様もご遠慮なく、ご相談下さい。

当院は内科・外科・皮膚科・美容アンチエイジングのお悩みの
ご相談に乗れる設備、環境の整った落ち着きのある診療所です。

お客様の悩みの解決、サポートに全力を尽くして参ります。

医院名 えのもとクリニック
院長 榎本 準
〒550-0003
大阪府大阪市西区京町堀3丁目8−11
TEL 06-6486-9292 / FAX 06-6486-9291




●●●
血液クレンジング療法 美容 アンチエイジング
■副作用について
当院では重篤な副作用は見受けられません。しかし、以下の副作用が予想されます。

オゾンによる副作用
オゾンの投与量が過多であった場合、施術後にだるさを感じることがあります。
このだるさは、特別な処置をしなくても、約12〜24時間程度で改善されます。

使用する以下の抗凝固剤による副作用

ヘパリンナトリウム(重大な副作用(頻度不明))
ショック、アナフィラキシー
出血
血小板減少、HIT等に伴う血小板減少・血栓症

クエン酸ナトリウム
しびれ

未承認医薬品等であることの明示、入手経路等の明示
本治療に用いる未承認医療機器は、医薬品医療機器等法上の承認を得ていないものですが、「医師等の個人輸入」により適法な輸入許可を得ています。
日本では、未承認医療機器を、医師の責任において使用することができます。
未承認医療機器についての情報「個人輸入において注意すべき医薬品等について」もご覧ください。

国内の承認医薬品等の有無の明示
本治療に使用できる同一の性能を有する他の国内承認医療機器はありません。

諸外国における安全性等に係る情報の明示
本治療に使用するオゾン発生機、その専用器具は、EU内における医療機器として認証されたものです(認証年月日:1993年6月14日)。

本治療の代表的な書籍とされている「オゾン療法 第2版」によりますと、以下の記載がされています。
血液クレンジングは「大量自家血オゾン療法」または「自家血オゾン療法」と表記されています。

第7章(オゾンの潜在的な毒性:オゾン療法の副作用および禁忌)より
1. ドイツ,オーストリア,スイス,イタリアで数百万回の自家血オゾン療法セッションが行われた後にも,重篤な急性または慢性の副作用や癌の発生率の増加は報告されていない.
2. これまでのところ,我々の実験データと臨床的エビデンスは何らリスクを示していない.Jacobs(1982)は,オゾン療法に考えられる全ての悪影響について慎重に調査した.オゾンは「毒性」で知られているにも関わらず,その発生率はわずか0.0007%であり,医薬品の中でも非常に低い値となっていた.
3. コネリアーノ(ヴェネト州)の病院に長く勤務してきた非常に几帳面なオゾン療法士であるGiuseppe Amato医師は,自家血オゾン療法による治療を数年間受けた患者1,000例で軽度の副作用しかなく,後遺症はなかったことをヴェローナ議会(1999)で報告した.
4. シエナ大学病院での我々の経験も重要である.我々は1995年以来,大量自家血オゾン療法を加齢黄斑変性患者で約8,000回,線維筋炎患者で約100回(〜その他の投与方法は省略 〜)をしてきている.(〜略〜)2000年6月から2004年3月まで我々は,新しい無毒なシステム(ガラス等)と血液に対して正確な量の3.8%クエン酸Na(用量で1:9,又は25〜225mL若しくは例外的に30〜270mL)を使用し,オゾン濃度を緩やかに増加(通常10 μg/mLから60μg/mLまで)させるようにした.上に述べたすべての副作用はみられず,他の副作用も生じなかった.さらに,アレルギー様の不耐性も観察されなかった.

●●●
Qスイッチ YAGレーザー 美容 アンチエイジング お肌
●●●
トーニング治療 美容 アンチエイジング お肌
●●●
輪郭注射 美容 アンチエイジング フェイスライン 小顔整形
●●●
水光注射PRP 美容 アンチエイジング フェイスライン 小顔 シワ たるみ
●●●
IPLフォトフェイシャル治療 美容 アンチエイジング
●●●
クリアタッチ治療 ニキビ 美容 アンチエイジング
●●●
高濃度ビタミンC点滴治療 抗がん剤 美容 アンチエイジング
●●●
高濃度ビタミンC点滴治療 抗がん剤 美容 アンチエイジング
●●●
プラセンタ注射 胎盤 美容 アンチエイジング



※表示中の価格は、すべて税別(税抜き)価格です。

TOPクリニック紹介初診のかたへ簡単予約システム美容・アンチエイジング個人情報保護アクセスサイトマップお問い合わせ
Enomoto clinic , All Rights Reserved.
〒550-0003 大阪府大阪市西区京町堀3丁目8-11 TEL:06-6486-9292 / FAX:06-6486-9292